雨乞山には夕日が沈んで

わたくしのふるさとってこんなおはなしがあるところ

門前町神明原をドライブしたこと

コロナ禍が猛威を揮いまくる昨今、いかがお過ごしでしょうか?
出かけたいけれども、他県や人ごみに行くのは憚られます。
なので、人のいない廃村をドライブすることとしました。

目的地はこちら。

輪島市門前町神明原(しめばら)です。

この神明原とお隣・木月原を見れば、なんとグーグルストリートビューがある。おまけに、ずっと道路が舗装されている。これはもうドライブするしかない。撮影したのが2015年だということだけがちょっぴり心配だったけれども、どれだけ変化しているのか比較するというのもまた乙なもの。

門前町馬渡からスタートです。ストリートビューで予習しといた光景に沿っていきます。

 

 

木月原行く途中までは、ありがちなすれ違いできるスペースもないような道ですが、結構綺麗でした。あまり植物で舗装がやられていないし、倒木・落石も見当たらない。結構新しい轍もあり、結構人が入っているようでした。

f:id:tobetobeosakana:20200411141602j:plain

これは木月原あたり。明らかに水を引いているというか、人が住んでいた感がすごい。

やはり廃村を目指す時は水と電線を辿るに限るね。

この痕跡はわかりやすい事もあったけども、民家跡とか田畑の跡というのがわからなかった。再挑戦出来るか?

f:id:tobetobeosakana:20200411141935j:plain

木月原を少し行くと、空が広くなる。おそらく、この辺りから神明原に入ったのだろう。画面中央に奥の方にあったのは廃屋。納屋だったんだろうが、梁か何かだったらしい、先端にほぞがついた木材が転がっていた。

f:id:tobetobeosakana:20200411142210j:plain

着いたぞ、神明原!木月原の時はこの標識には気づかなかった。

グーグルマップでは北にある分かれ道のちょうど分岐の所にあった。北の分かれ道を見ると、まだはっきりとしたタイヤの跡がある。やはり人の出入りが結構ある模様。

f:id:tobetobeosakana:20200411142847j:plain

笹に埋もれていた看板。「燃やすまい」という単語が古めかしい。

f:id:tobetobeosakana:20200411142900j:plain

角度を変えてみる。なんかこのリス他にもみたこと有るような気がする。

f:id:tobetobeosakana:20200411143201j:plain

南側の分かれ道の先。こんな所でイノシシ捕まっても、いつ気づくのだろう?とか色々気になる。

f:id:tobetobeosakana:20200411143241j:plain

南側のお家の前にあった重機。機械の時間は止まってるのに、植物だけが時間を進めてるあたりがとっても諸行無常感すごい。

「触らない。入らない。眺めるだけ」をモットーにしてるので、ほんとに遠目で眺めただけだったので、どこの機械だったかとか見えないかもうちょっと丁寧に見ておくべきだった。

f:id:tobetobeosakana:20200411143539j:plain

南側の分かれ道を少し過ぎた辺り。ここも畑か田んぼがあったんだろうという感じがして、実に切ない光景。

f:id:tobetobeosakana:20200411143729j:plain

神明原を過ぎて、志賀町に入った辺りにこういう看板があった。右下のイラストに昭和を感じる。道を挟んで反対側に高爪神社の奥の院へと行く道がある。

f:id:tobetobeosakana:20200411143720j:plain

さっきの看板の上にあった看板。時の流れを感じますね。

f:id:tobetobeosakana:20200411144249j:plain

高爪山を降りた辺り。田んぼらしい形を留めているものの、しばらく人の手が入っていないのだろうとよく分かる。田んぼの周りに電気柵とか有刺鉄線もないし、そのまま荒れ地になるのだろうな。

 

あとは高爪神社の鳥居の近くを通って、国道249号に出てから帰宅。この災厄が鎮まったら他にも出かけたい。