読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨乞山には夕日が沈んで

わたくしのふるさとってこんなおはなしがあるところ

かわうそのこと

妖怪

「かぶそ」「かわそ」とも。
のとじま水族館にいるものとは別物である。*1

色々化けたりいたずら程度のものもいるが、金沢城近くに出たものは人を食い殺しているので、獰猛なものもいるようだ。
水辺に出ることが多く、河童の一種ともみなされることもある。*2

加賀にも能登にも伝わる。
七尾市徳田町あたりの話からすると、明治ぐらいまではその存在が確認できたらしい。

似たようなものに能登島に「むじな」の話が残る。こちらのページを参照されたし。 *3

【関連】
河童のこと - 雨乞山には夕日が沈んで
かわうそのこと② - 雨乞山には夕日が沈んで
どうやら曽祖父が化かされてたとのこと。

*1:水木しげる御大や鳥山石燕が描いたのをイメージするように。

*2:山にも出る。でも河童は冬になると山童になって山に行くという話も聞くし

*3:能登島のむじなはスキャットの達人の模様。