読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨乞山には夕日が沈んで

わたくしのふるさとってこんなおはなしがあるところ

河童のこと③

前回と前々回
河童のこと - 雨乞山には夕日が沈んで
河童のこと② - 雨乞山には夕日が沈んで

年末年始で帰省したので祖父から聞いたことを。
祖父は笠師地区の生まれである。

  • 河童の類の話はあるのか?

そもそもあまり数が無いよう。
川はあるが、比較的小さな川だったせいか、あまり聞いたことがないとのこと。
川ではそういう話は聞かなかったが、海の方や堤のほうでそういう話を聞いたという。

  • どんな話があるのか?

そもそも数が無いせいか、詫証文だの相撲だのの話は聞いたことがないとのこと。
キュウリを持って水遊びに出るといたずらされる、というような話ばかりを聞いたとのこと。

  • 呼び方のこと

祖父は「みそし」でも「みずし」でもなく、「みそず」という名前で聞いたそうだ。
他の郷土史の本等で見たことのない呼称だが、同じ系統の呼び方とみられる。