雨乞山には夕日が沈んで

わたくしのふるさとってこんなおはなしがあるところ

唐島のこと

七尾市中島町塩津の東の端。 海水浴場もある*1 島と付いているが陸続きで、岬に島がくっついたような形をしている。唐島神社とその社叢があり、社叢は原生林としても貴重なものである。*2地名の由来は、その昔唐島はカラカラという音を立てて流れ着いた島だ…

黒手のこと

現在の七尾市中島町豊田か豊田町に出たという妖怪。 詳しくは以下のリンクを参照にされたし。 黒手 - Wikipedia『黒手切り』には如庵(長連龍のこと)とあるので、1606年から1619年の間に出たのかもしれないが、だいたいこの手の文章は出家後の院号で書かれ…

雨乞山のこと

各地にありそうなありふれた名前の山ではあるが、日吉神社の後ろのような場所にある一際高い山を指す。 頂上は136m。ちょうど豊田の後ろに当たるようなところにある。頂上の所在地は豊田になるが、昭和3年に刊行された『石川縣鹿島郡誌』には、雨乞山には「…