雨乞山には夕日が沈んで

わたくしのふるさとってこんなおはなしがあるところ

久しぶりの氾濫のこと

平成最後の夏、よりにもよって夏の最後である、8月31日に大雨が振りまして。
久しぶりに思わず変な声が出てしまうような凄まじい光景を見たので、少しばかり記念撮影。
次の大雨のときは注意したい。

撮影箇所はこの交差点。

車窓越しに撮ったので、ボケているのはご容赦を。

f:id:tobetobeosakana:20180831165029j:plain
マツキヨ、昨日(8月30日)にリニューアルオープンしたばかりなので、ただただ気の毒。


f:id:tobetobeosakana:20180831164950j:plain
線路までの大きなプールの出来上がり。
田んぼ、ひどいことになってそう…

ラジオ・テレビでは熊木川の氾濫ばかり言ってましたが、日用川のほうも氾濫していて、崎山地区・河崎地区なんてほとんど没んでたじゃないか。
道路情報をチェックしていたら、上流の方も冠水しているので、こちらの方もなかなかに厄介な川だと、よく分かる。その昔河川工事していたのに。


自分は絶対帰宅の途中の道が没んでると思って、仕事を早退。ところどころ冠水していたり、洗い越しが出来ていたりして、ひょっとしたらこの今日は家に帰れないんじゃないだろうか?と絶望するものの、普段の5倍ぐらい回り道をしてなんとか帰れました。
途中、早退せずに水が引くであろう定時に帰ったほうが良かったか、とか考えました。しかし、水が引いた跡に流木なんかがゴロゴロしてたので、明るく車通りの少ない間に帰って正解だったと、考えを改めました。
洪水後の置き土産、ホントめんどくさいな。

続きを読む

英語のスパムコメントが入ってきたので応急処置。
そのうち消します。

書きたいことはなくもないんだ。
例えば、七尾のそこそこ伝統ある和菓子屋の由緒書みたいなの読んだら「アンタ誰?」って名前の人がいたこととか(お菓子買いに行かなきゃ)、
志賀町の旧富来町の廃村のこととか(写真撮りに行かなきゃ)。

とある坂の名前のこと

古い「いろり火」の方を読んでたら、土西の堤の主(あのへんの堤の主なのでもちろん大蛇)にまつわるお話で、あのあたりの坂の名前でふと気づいたことがある。
ここ↓だと思われる「たえ坂」についてだ。

「笠師の南側と塩津の境」とあるので、ここだと思う。
「思われる」だのと書いてあるのは、お話だと「たえ坂」と書いてあるが、自分が身内からあの坂の名前を「たへい坂」とか聞いていたため。どちらなんだ?どちらもちょっと違っているということもありえそうである。

国道から見えるものの、今では狭くて薄暗くて、できれば通りたくないような道だが、国道が出来る前はあの道がそこそこの主要道だったらしい。現在は公民館だかとして利用されている旧笠師保小学校の道への面し方等にその名残が残っているとのこと。海沿いの道はどうしても回り道になるし、むべなるかなというかんじ。

大蛇と地形のこと

amagoi.hatenablog.com

上記の上で書いた山一帯は、
どこもかしこも「地すべり危険区域」だそうで。

地すべりが起きやすい場所だから大蛇のお話が多いのか、
大蛇がいるから地すべりが起きやすいのか、
それとも地すべりが起きやすいような場所を大蛇が好むのか。
どういう因果か気になりますね。

かわうそのこと②

「作物荒らすの何だろね?」という会話をしていたら、
ひょっこり祖母から出てきたうちの曽祖父のかわうそ体験談である。

大して怖くはない部類の妖怪譚ではないかしら?

昔々、たぶんきっとまだ明治の頃。
末っ子長男で跡継ぎだった曽祖父は、
お姉さんの結婚式に参加するためにお姉さんの嫁ぎ先へと行きました。
お姉さんの嫁ぎ先はお山を一つか二つか越えたあたりで、
今でも1~2時間ほどで歩いていけるけれども、
少しばかり人気のない薄暗い山道を通らないと行けないような地区です。


日が暮れるような頃に結婚式の宴席も終わりまして、
曽祖父はその日のうちに引き出物を担いで家に帰ることとしました。
暗い夜道、しかも山道を歩いている辺りになにやら背中が少しうるさいような気もしたそうですが、
人気がない山道とはいえ木々がざわめいたりして静かではないことはオカシイことではないのでさっさと家に帰ることにしたそうです。


で、家に帰って引き出物を見てみると、食べ物が食い荒らされていました。
どうも山道を通った時にカワウソに化かされてごちそうを取られていたとのことです。
あぁ、せっかくの美味しいご飯が惜しいこと。


祖母が「最近、かわうそが出たとか聞かないね」とか言い出すし、
「昔はこの辺でもニホンカワウソよく見かけたのかしら?」とか思ってたら話す内容がこんなのだし、
なんかもうだいぶボケてきちゃったのかしら?とか孫はすこしばかり憂鬱です。


【関連】
かわうそのこと - 雨乞山には夕日が沈んで

もんにゃのこと

どんなものかはよくわからない。
単語の使い所としては「いい子にしてないともんにゃが来るぞ!」という、
「いい子にしないとおばけが来るぞ!」と同じように使う。
要は怖い何かヒトでないものの模様。


うちの祖父母の会話に出てきた何かなのだけども、
うちの祖父母は妖怪っぽいサムシングの名前は知ってても、
「そういうもの」だということしか覚えてないので、
「どういうもの」かが分からない。
困ったことだこと。

石川県道192号のこと

通ってみた時のこと
石川県道192号を行ってきた(廃村もあるよ) - 雨乞山には夕日が沈んで

ウィキペディアによれば、1973年(昭和48年)に認定。
しかしこの年は192号線を経由しなければ行けない村・須久保*1にあった釶打小学校須久保教場の閉校の年でもある。
何故もうちょっと早く認定しなかったのか。

全長12キロほどだが、始点からの約7キロは冬季閉鎖区間である。
残る5キロは人里があるが、過疎地であるせいか、全体的に寂しい雰囲気であると否めない。


険道県道として認定される前から主要道であったらしく、
民話にも「中島の河内から穴水の河内を結び道」として出てくる。

かつての旧中島町が編纂した民話集「いろり火」に目を通すと、
この道が舞台となったお話が3話ほどある。
しかし、そのいずれも魑魅魍魎が出たというようなものである。
今も昔もそういう道らしい。

【参考】
釶打小学校/七尾市

*1:他にも道はないこともないけれども、現在でもマトモに通れるのはココぐらいだと思う。